一生物のダイヤモンド

私が20歳の時に祖母がプレゼントしてくれたのが、ピンクダイヤモンドがあしらわれた指輪でした。ピンクダイヤモンドは普通のダイヤモンドに比べるとかなり貴重な物なので、頂いた時は驚いたのと嬉しかったので飛び上がりそうでした。素材はプラチナで、デザインは中央に2キャラットのピンクダイヤモンドがあり、その周りに小さめのダイアモンドがある物です。当時は大学へ通っていたのですが、祖母にしっかり頑張って勉強して、この指輪が似合うような素敵な女性になりなさいと言われて涙を流した事を昨日のことのように思い出します。祖母は元々宝石が大好きな人で、外商の方とも仲が良く、ネックレスや指輪をデザインしたりする事もある人でした。外商さんに聞くと、私の20歳の成人祝いにと、ピンクダイヤモンドを探して準備していてくれたようでした。私はまだまだ未熟でこんなに素敵な指輪が似合うような人間になれていないですが、この指輪を見る度に頑張ろうと思う事が出来ています。